レオハウスの家

【レオハウス】吹付断熱の費用を公開

私の家は吹付断熱とよばれる断熱の方法を取っています。

レオハウスではオプションになりますが、

やる価値は十分にあると思っています。

この記事でわかる事

・吹付断熱について分かる

・レオハウスの吹付断熱仕様が分かる

・吹付断熱の金額が分かる

吹付断熱はこんなモノ

先ずは写真を見てもらった方が良いかと思います。

どうぞ!

 

壁、天井がもこもこになっているのが分かるかと思います。

素材は硬質ウレタンフォームというもので、

レオハウスではアクアフォームという製品を使っています。

アクアフォームは現場発泡断熱材シェアNO1を謳っており、

全国で施工実績のある会社です。

NIPPON AQUA

吹付断熱の大きなメリットは、

隙間なく駆体に充填出来るため、気密性があがる

という事だと思います。

吹付断熱をした家に住んでみた実感として、

外の音が聞こえにくくて静かですし、

声を出すと家の中で響いている感じがあります。

一般的な住宅の断熱材として使用されている素材は、

グラスウールと呼ばれるもので、

袋に入った形をしています。

これを壁の中に詰めていくのですが、

どうしても隙間が出来てしまいます。

スポンサーリンク

レオハウスの吹付断熱仕様

断熱材は吹付であれ、グラスウールであれ、その他でも、

厚さが厚い方が断熱効果は高くなります。

レオハウスの吹付断熱の仕様は、

4~7地域で、

壁:90mm

屋根:170mm

外気に接する床:120mm

これは建築物省エネ基準を満たしている数値です。

こちらの写真は我が家の吹付断熱後の様子ですが、

厚さがしっかりと満たしていることを示すために、

ピンの様なものが刺さっていました。

吹付断熱にするといくら必要?

レオハウスでは吹付断熱はオプションになります。

計算方法はかなり単純で、以下の通りです。

壁:坪単価 × 5,500円

屋根:坪単価 × 1,200円

例えば、建築する家が30坪の場合

壁は165,000円

屋根は36,000円

合計で201,000円です。

建坪が大きくなればなるほど金額はあがります。

吹付けする面積が増えるので当たり前ですね。

このオプション金額を高いと思うのか?

それとも安いと思うのか?

個人的な感想としては、

やるだけの価値はある!と思っています。

グラスウールでもきちんと施工すれば十分な性能が得られますが、

きちんと施工というのがなかなか難しいものです。

一方で吹付断熱は安定したクオリティが保てます。

そして気密性という点では間違いなく吹付断熱に軍配です。

予算と相談し、吹付断熱検討してみて下さい。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です