レオハウスの家

【レオハウス】悩んだ結果、この選択はしてよかったなぁと思う事。

家の間取りや、設備を決めていくのって本当に大変ですよね。これもいいし、あれもいいし・・・どうしよう、決められない!

今回は個人的に悩んだ結果、この選択は間違いなくしておいて良かった!と思う事を紹介します。

お風呂の大きさを1620(1.25坪)にした事

レオハウスの標準だと1616(1坪)です。たった0.25坪なんですが、本当に広げておいて良かったと思います。

悩んだり理由としては、我が家はあまり土地が大きくなく、建蔽率ぎりぎりまで建てているので、この0.25坪をリビングに回すかどうかで悩みましたが、お風呂で正解でした。

「旅館の大浴場」の写真

良かった点

・シャワーが浴槽に飛びにくい

賃貸の時は1坪無いくらいのお風呂だったのですが、妻とお風呂に入っていると、どうしてもシャワーの水が飛んでしまいます。それが1620にすると少ない!1616も大丈夫なのかな?

・開放感が全然違う

たった0.25坪を馬鹿にしてはいけません。お風呂に入った時に感じる広さが全然違います。ここは展示場に行って是非違いを感じて欲しいと思います。

お風呂を1620(1.25坪)はかなりおすすめ!

土地に余裕があるなら、迷わず採用して欲しいです。

スポンサーリンク

食洗器を深型にした事

レオハウスでは食洗器は浅型が標準です。深型に変更して間違いなかったと思います。

そもそもなぜ悩んだかというと、妻が食洗器を信用していなかった事です。「どうせ前洗いが必要なんだし、そんなに大きなサイズは要らない」と。

しかし、最近の食洗器は凄い!妻も大満足!の洗い上がりです。前洗いは基本的に不要で、フライパンのこびり付きの場合のみやっている感じです

「食卓に並ぶワイン」の写真

良かった点

・鍋やフライパン等を入れることができる。

少し大きな調理器具もすっぽりと入れることができます。

ただ、深型でも実際は案外入らない・・・ちなみにPanasonic製の食洗器です。これが浅型だったら大変だっただろうなと思います。

深型でも容量不足。浅型では間違いなく満足できないと思います。

これは迷わず深型にして欲しいと思います。

まとめ

デザインだったり性能だったり、注文住宅なので、他人が何と言おうと自分にあったものが最高で大正解だと思っています。

せっかく色々自分で考えて決めた家や仕様について、

こんな性能の家はだめだ!

材料はこれ以外ありえない!

なんて言われた暁には、

”うっせぇわ!”

という感じですが、浴室のサイズ変更も、食洗器のサイズ変更も本当に良かったなぁと思っている選択なので、一度検討してみて下さい!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です