レオハウスの家

【レオハウス】断熱仕様を公開!!ローコスト住宅でも高断熱を実現させる方法。

以前、断熱性能(UA値)に関する記事を書いた所、レオハウスで家を建てている方から、断熱の仕様を教えて欲しいとのコメントを頂きました。(コメントありがとうございます。)

以前の記事ではUA値は昔と比べると物凄く良くなっているよ!って事を伝えたかったので、細かな仕様は省いていましたが、仕様が分かった方が家つくりの参考になりますね!

という事で我が家の断熱仕様を公開していきます!

※3~7地域の仕様です。

この記事でわかる事

・レオハウスの標準断熱仕様が分かる

・レオハウスで建てた我が家の断熱仕様が分かる

・UA値を出す便利なサイトを紹介

レオハウスの標準断熱仕様

高性能グラスウール「アクリアネクスト」14K 85mm

熱貫流率:約0.447 W/(m2・K)

アクリアネクスト

引用:旭ファイバーグラス株式会社HP

天井部

高性能グラスウール「アクリアネクスト」14K 155mm

熱貫流率:約0.245 W/(m2・K)

外気に接する床

フェノールフォーム3種1号「ジュピー」66mm

熱貫流率:0.303 W/(m2・K)

引用:旭化成建材HP

その他の床

フェノールフォーム3種1号「ジュピー」45mm

熱貫流率:約0.444 W/(m2・K)

窓ガラス

リクシル サーモスⅡ-H

熱貫流率:2.08 W/(m2・K)

サーモスⅡ-H/Lなら、冬暖かく、夏涼しい快適な暮らし。
スポンサーリンク

レオハウスで建てた我が家の断熱仕様

標準とかぶっている部分もありますので、異なっている箇所は赤字で表示しています。

アクアフォーム 90mm

熱貫流率:0.4 W/(m2・K)

現場発泡断熱材No.1 アクアフォーム|省エネ住宅を実現|日本アクア

引用:日本アクアHP

天井部

アクアフォーム 170mm

熱貫流率:約0.211 W/(m2・K)

外気に接する床

フェノールフォーム3種1号「ジュピー」66mm

熱貫流率:0.303 W/(m2・K)

引用:旭化成建材HP

その他の床

フェノールフォーム3種1号「ジュピー」45mm

熱貫流率:約0.444 W/(m2・K)

窓ガラス

リクシル サーモスⅡ-H アルゴンガス入り

熱貫流率:1.78 W/(m2・K)

サーモスⅡ-H/Lなら、冬暖かく、夏涼しい快適な暮らし。

UA値を出す便利なサイト

さて、ここまでレオハウスの標準仕様と我が家の仕様を公開してきました。

ここからはUA値をざっくり簡単に算出できるサイトを紹介します!

”さとるパパの住宅論”

上のリンクに飛ぶと、数値を入れるだけでUA値を簡単に計算することが出来ます。サイトにも書いてありますが、正確ではないのであくまで参考です。

さて、早速やっていきます。

前提条件として、延床面積(㎡)、1F 床面積(㎡)、開口部面積(㎡)、外壁面積(㎡)、天井または屋根の面積(㎡)の値は初期値を使って計算していきます。また、床の熱貫流率は「その他の床」の値を使って計算します。

レオハウスの標準

UA値=0.54

我が家

UA値=0.48

ここまで見てきて分かると思いますが、窓ガラスだけ他の熱貫流率に比べ、1桁も大きい事が分かります。ここを補強するだけでUA値は劇的に改善します。

私も家を建てる時、弱い部分を補う様に心がけました。APW330に変更すると金額がかなり上がるのでアルゴンガス入りにして補強したり、玄関ドアもK4(4.07)仕様からK2(2.33)仕様に変更したりしました。

費用対効果を考えてベストな選択をして下さい!!

UA値を良くするには弱い部分を補強するという考えが一番効率が良い

こちらの記事もおすすめ!
レオハウスの家

【恐怖】家つくりにも共通する、損を恐れると大きな損に繋がる!!仮想通貨取引を行い、たった一日で30万円を失った話。

2021年5月25日
レオハウスで失敗しない家つくり
お金は大切です。 私のブログでは家つくりの記事をメインにお金についても何本か記事にしております。 良かったら他の記事もご覧くださ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です