レオハウスの家

【重要!】契約を結ぶという事は”ルールの制定”と”トラブルの対処法を決める”という事

家を購入する時、土地を購入する時、

それ以外でも日常生活では多くの契約を結んでいます。

私の仕事では契約を扱う機会が多くあります。

そんな中で感じた契約を結ぶという事の意味と大切さを書いていきます。

※この記事は個人の感想ですのでよろしくお願いします!

契約を結ぶという事

普通の契約の中身は、基本的なルールの他に、あらゆるトラブルが起こった場合の対処法が書かれています。

ここで”普通の”と書いたのは、一方的に不利になる契約も世の中にはあるからです。

ただ私たちが日常生活しているときに取り交わす契約の多くは、

ルールとトラブルが起こった場合の対処法が書かれています。

例.ルール

・お金は○○円はらってねー

・お金の代わりにこんな事してあげるよ!

・不利益な事はしてはいけませんよ!

例.トラブルが起こった場合の対処法

・もし失敗しても全責任はとれないからね!

・お金くれなかったら追加のお金もらうからね!

・解決が難しい場合は法廷論争しようね!

気にせず契約してもトラブルが起きない限り影響はありません。

しかし、重要なのはトラブルが発生した時です。

トラブルが発生した場合、真っ先に確認すべきは契約書です。

そして契約書に書いてある対処法が有効です。

知らなかった!聞いていない!なんて言っても駄目です。

もしもの時に頼りになるのが契約です。

だからしっかりと確認する必要があるのだと思います。

契約とはルールとトラブルが起こった場合の対処法が書かれている

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です